【ダンジョン飯】ライオスが理想の王様ということが一発でわかるシーンがこちら!に対する読者の反応【ダンジョン飯反応集】

ネットの反応
最後のコマ、「子どもたちが王様に高い高いしてもらいたくて集まってきている」と言う解釈を
読者が誰も発想しないという点でライオス王の人徳が伺える、、、
とっくの昔に原作読了していたのにラストのコマにマルシルとファリンもいた事をこの動画で初めて知ったw
ライオス王、国民を分け隔てなく食べる。
黄金城ではなくなったが
黄金色が実る豊かな国になったは
泣くのよ…良い言葉だ
>ゾン族長
ラクガキ本のオークの説明部分見ると、
族長は幼い頃センシにかなり懐いてたフシがある
オークの中では思慮があり穏健寄りなのは本人の性格だけじゃなく
そういう部分もあるのかも
ライオスは結局「最強の魔物から元に戻れた、だけど呪われたトールマン」それとも「トールマンの姿を模せる、呪われた最強の魔物」どっちなんだろう…
黄金郷の回で余った野菜はオークにもあげてるって話もあったからセンシの件と併せてあの部族はそこまで攻撃的ではなく、話せる相手とはちゃんと交渉してるみたいだね。ゾン族長はラクガキ本のプレゼント交換でリドにお前も勉強しろとペンケース上げてたり、種族間の動向もちゃんと予測してたりとインテリ系でその辺りも黄金郷とのやり取りで知識得てたのかもとか妄想できる
メリニで多種族が交わることで、結果的に子孫たちの種族差異も(可能な限りだが)埋まっていく。
マルシルの望みが不完全ではあるけど将来においては達成されそうなのも好き。
カブルーが共通言語を教えていたクロが架け橋になってコボルトとの交流が出来たと考えてます。
ダン飯世界の1000年後にインターネットが誕生したら
「この悪食王って逸話盛り過ぎだろww」「いや悪食王はガチ」とか書かれてそう
思想として平等を唱えるのではなく、そもそも差別がほぼ頭の中にないので、結果ナチュラルに平等になってしまう理想の為政者ライオス。
子供持ち上げた時のライオスの腹が出てるなあ。
ただマルシルの幼少期みたいに各種族の子供が仲良くしていても、成長速度と寿命の違いでわだかまりが起きそう
ライオスのうんこした場所から豊かな森が一夜にして出るんだから、神のように崇められてるだろうね
台湾統治の苦労話しとか聞くと山の民との対話がいかに大変か想像がつく
魔物が近寄らないのは食われそうだからか「悪い子は王様が食べに来るよ!」てコメワロタ
九井さんの短編集「竜の学校は山の上」に収録の最初の三話
「帰郷」
「魔王」
そして「魔王城問題」にロープレに慣れ親しんだ人達に突きつけられる刃と救いがある
ダンジョン飯の大団円へと繋がる道も
国民を飢えさせないことに尽力する王は賢王と呼んで差し支えない
まぁ、天皇陛下も本来の肩書きは学者ではあるから、そのあたり動く鎧とかも資料や教科書に名前は残るとも
この国が長く存続したら『連続ドラマ:ライオス一世』が制作されて主演俳優がノイローゼになるレベルで追い込まれるんだろうな。ゲテモノ食的な意味で
アレ二人だったのか。作物運搬している馬車かと思ってたわ
電子の方が拡大して見易いのかな
悪いことしたら王様に食べられちゃうわよ!っていう躾がありそう動画内ですでに言われてた……
ヤアド一人で調停組の平均寿命ガン上げしてんの何度見ても草生える
悪い子は悪食王に食べられちゃうぞ!って教えられるんだろうか
ライオスはもちろん、マルシル・チルチャック・センシ、そして他の面々
誰が欠けても成し得なかったエンディングと思うと感慨深い
色んなスレで「今日は何を食べようか(意味深」みたいな事書いてるせいで素直にこのページを見れなくなった
もう大英雄というか救世主というか…一緒に飯食えば皆友達のライオス文化とか広がりそうで、ライオスも生きた魔物見れない以外は幸せになれそうで良かった。
明仁上皇が学者として一流だというのを思い出すな
まあ他の人と研究課題がかち合うとまずいからってドマイナーな対象しか研究ができないようだが(明仁上皇の研究対象はハゼ)
あの世界の教育水準がどうなってるのか知らないけどフィオニルが教師してるし教育にも力入れてるんだろうな。
魔物を一方的に駆逐できるような技術が出てくるまで国は安泰よな
そんな中で一番の不安点はやはり後継問題……
これで多くの国や組織が失敗しているから、まじで難しいんだろうけどメリニはどうなるか
タイトルとURLをコピーしました