【ダンジョン飯19話感想・考察】新メンバーは問題児?

ネットの反応
あれほど自分で起こした火で調理することにこだわっていたセンシが魔法陣で調理をするようになったところ、個人的に注目してます。
ライオスが「狂乱の魔術師を倒す」と宣言してから、センシもそれに付き合うために覚悟を決めたように思えて胸熱です
逆に見れば、猫喰いしか出来なかったであろうイヅツミに、器を持ってサジを使って食べる事を教え込んだ、マイズルさんの苦労が伺えるw
ライオスの悪夢、これ、本人が言われて気にしないように押し込めてるけど実は傷ついて…と言わないまでもずっと引っかかってる事なんじゃ無いかなと。妙に明るい感じに「あーこれ夢だわ」とかサクサク対処してるのがサイコパスっぼく見えるけど、実際はこういうトラウマを見てみなかった事にするのに慣れちゃってる所に、実はそんなサイコパスでもない人間性というか凄い心の闇に思えてしまうのは俺だけでしょうか…。
ライオスが夢の中で召喚した魔物が2話のバジリスク回で想像してた理想の魔物像に似てる
あの時は「結局2種類位が丁度良い」って話をしてたけどロマンは捨てきれてないっぽい
シンプルなメカ良いよねって思いつつ装備モリモリにも惹かれたりするからわかりみが深い
考察、動画投稿お疲れ様です。
私もライオスに対しての考え方は同じです!
魔物大好き人間興味無しではなくて、本当は人間も大好きですよね、接し方が分からないだけで。
ライオスを他人事のように見れない自分がいて辛いです;;
>脅して奪ったなら好きなように食べるが、思いやりをもって振る舞われた食事だからきちんと食べる
なるほど、そう考えると素晴らしい食育の第一歩だし、良いシーンなんですね前半の〆は。
シン=「辰」ってことでしょうね。十二支の龍で知られる辰は、音読みでシンと読み、はまぐりなどの事も表す漢字です
思い出の中の雑巾が本当の雑巾みたいに小汚い色してるのに対して夢に出てきた雑巾は真っ白で綺麗でしたね
ライオスの冷静さは夢魔(ナイトメア)に対する知識があったから原因を理解出来たからこそ+フラットな考えからくるんでしょうね。夢だからこその突破の仕方もらしい。
そういえばあの本ってタンスさんが島主に言っていた「不死の術の設計書」なのでは
ライオスパーティが狂乱の魔術師に対峙して、小型竜を退けて地面の穴に飲み込まれる直前
マルシルは魔術師に話しかけようとしてたし、今回の夢の内容も合わせるとそんな気がする
「黒魔術を人の役に立てる研究」って「ダンジョンの外でも蘇生術を使えるようにする」とかなんじゃ
イヅツミの咀嚼音が思った以上に猫だったw
悪夢内の絵画は原作と比べて明瞭かつ内容追加もあり楽しめました。匂わせ強めの味付けですね。
ライオスが入眠するときの羊の代わりのやつは何ですかね?
昔から落下する夢と喧嘩に勝てない夢をよく見ます。枕にハマグリが住み着いてるかな…
マルシルのキャラクターに深みが出た回でした。
2クール目は、各キャラクターの深掘りと食育に期待します。
虹も龍の眷属です。
漢字を使う文化圏では龍の部下は、蜃を始め、名前に虫偏を纏うものが多いです。
宝虫、ケンスケ、ミミック…このダンジョンは龍の眷属で、固めているのかも知れませんね。
センシさん チルのピッキングツールも大切な道具なのでは?
ダン飯とは全然関係ないですけど、ドラクエ5の主人公も人間にひどい目にあわされたので、魔物しか信用しなくなった(家族は除く)
タイトルとURLをコピーしました