【葬送のフリーレン25話感想・考察】これが新しい時代のエルフだ!

ネットの反応
ゼーリエって無茶苦茶ツンデレな気がします。
話の構成が面白いんですよね。
時系列に並べるだけではなく、展開の解説の部分に過去を入れて話に深みを持たせるやり方がたまらなく良いです。
そして、そこにも解釈の余地を作り、考える楽しみを持たせる。
こう言うの凄く好きですね。葬送のフリーレンの本質がバトルモノでは無いからこその構成に思えます。
カンネとラヴィーネずっと遊んでて可愛かったな
ラヴィちゃんの技の選択が渋くて好きすぎる。お兄ちゃんとプロレスごっこしてたのかな?(絶対違う)
制作さんにプロレス好きがいるな…
カンネとラヴィーネのアニオリプロレスシーン微笑ましくて良かったですね、ゼーリエは人間の可能性を信じていて魔法協会を設立したの理由もわかりました、フェルンがフリーレンより早く魔法を打てるのは初期から示されてましたが綺麗に回収されて気持ちいいぐらいです。
フリーレンvsコピーレンのお互いの射線を防御魔法で追いかけて塞ぐシーンめちゃくちゃ好き
長寿のエルフに漂う切なさがたまらなく好きです。ゼーリエもフリーレンも寿命の短い人間の一瞬の輝きみたいなものに影響されているんだよね。自分たちにはない輝きなんだろうな。
ちょっと思ったけどオレオールにたどり着くのは当分先だよね。いつになったらヒンメルに会えるんだろう。
『たくさんの魔法使いと色々な魔法が見られる』
この一言でなぜフリーレンが魔導書収集に固執するのか解る。名もなき魔法使いが記した魔導書を集めて、使って、理解し、改良し後世の弟子に伝える。いくらくだらない魔法や民間魔法でも、その魔法使いが一生かけて記した魔導書を後世に残すのも、一種の“葬送”なのかもしれない
本当に物語の構成が素晴らしいですね。原作が良いのもありますが、2クールかけて描かれたすべての要素がこのためにあったかのような構成は見事としか言いようがありません。アニメ後期EDがなぜフランメとの別れからフェルンとの邂逅までを描いた人形劇だったのか、なぜ「フェルンと一緒に」迷宮探索をするフリーレンはあんなに楽しそうだったのか、綺麗に答え合わせしてくれました。
今回もワクワクなフリーレンでしたね。
フェルンもその影響受けてると思いました。
コピーレンとフリーレンのバトル描写、ほんとコピーされたような感じで面白かったです。
もちろんフェルンのゾルトラークも圧巻でしたね。 あれ?そういえば最近トールさんゾルトラーク回避されてますねー。
次回は他の複製体も出てくるのか、もし出たなら複製体のフェルンも倒すの難しそうですよね。
人間大好きおばあちゃんのゼーリエの複雑な心を当時のフリーレンが読める訳もなく…
しかし
よく
24分の中にこれだけ詰め込んで
しっかりシメルことが出来たな
と感心しています。
ゼーリエはあれですね
違うパターンのツンデレですね
ゼーリエはツンデレおばあちゃんですからね(1回目)
だって、フランメが人類にも魔法を誰でも使えるようにしたいという願いを怒って破棄したけど、最近(50年前)になって魔法協会立ち上げたんですから。
なんだかんだ弟子である孫達が可愛くて仕方がない。
本当にいいおばあちゃんですね(2回目)
素晴らしかったです!『他が優秀すぎて…』の所で二日酔いのハイターをアップにするのが優秀すぎて…( ´∀` )オモシロイ
あとフリーレン様はお耳が大きくて耳垢がいっぱい貯まりそうって常々思っています
耳垢の量や色、湿り気で健康状態がわかるので耳垢掃除は小動物様の健康管理には欠かせません
してフェルンには耳垢をきれいサッパリ落とす魔法とか必要だと常々思っています
ゼーリエとフリーレンの会話からヒンメルに合う前のフリーレンの考え方の浅さが際立ってた回だったね
フランメはもういないじゃいって言われそうなのに、ずっと魔法使いを育て続けてるゼーリエ❤
作戦会議よりじゃれあっているラヴィーネとカンネに目がいってしまうカンネのことが友達以上に好きなラヴィーネ
無邪気すぎるカンネにラヴィーネがいらだってしまい、あんな過激な行動にでているような気がするのですが
スタッフにもラヴィーネとカンネ推しの人がいるんでしょうね!
壁際に立ったフリーレンへのゾルトラーク撃つ一瞬前のフェルンの右手の動きが西部劇で見る早打ちガンマンみたいだと思った
ゼーリエとの回想が親がタヒんだ時の会話とか思い出して泣けた
文句の一言とかも言いたかったのにもう言えないって、
人生経験とリンクさせる話を作くるのやばいって
コブラツイストに吊り天井…どんなけプロレス好きやねん(笑)
「今のは初歩的な隙です…」
「フリーレン、お前の種族は長生きすぎたんだ」
前回のセリフといい、壁際に立たせて容赦なくゾルトラーク叩き込むフェルンさん 脳筋すぎて怖いww(でもまだ新しい魔法だからゾルトラーク苦手って言ってたフリーレンが防御できるくらいには手加減してたのかな?w)
VSコピーレンで属性極大魔法を使ってたのは、奥の手のゾルトラークから意識を遠ざける意図だったんですかねー。
とりあえずすぐ弱点に気付いたデンケンとメトーデはやはり優秀なんやな
最終的に、この話はだれの回顧録に為るのかな~~~。
きれいな記憶(苦労談も含めて)しか残っていないから、最後に本を閉じるで終わったりして。
シャルフが花畑を出す魔法を武器として使っていたのは、アニメオリジナル設定です。原作では彼がダンジョンに入る時に花束を持っているという描写だけで、どう考えても迷宮内で戦うには不十分だろうと言うのが謎だったのですが、そこはアニメ制作陣がうまく改変して、矛盾がないようにしています。
魔族は人間と比較すると仲間意識が希薄で連携が苦手そうなので、フリーレン的にはマジで克服する必要性の薄い弱点だったのかもしれない。
自分も、おじさんだから分かるけど
澄ましていてもリヒターの心はズタボロになってると思う
(最後にフェルンが長寿魔法を開発するのだよ)
まだ倒せてないんよね
タイトルとURLをコピーしました